博報堂制作!スポーツビジネスマーケティングが学べる企画書事例です



今回は前回に引き続き、広告代理店の企画書実例です。国内の2大広告代理店電博と称されるうちの博報堂ですが、扱っているテーマもスポーツイベント系というど真ん中の分野です。

広告代理店の強みである需要喚起を含むマーケティングやコミュニケーション設計、イベントオペレーションといった分野がどう表記されているか、外資コンサル企業と比較してみるのも面白いかも知れません。

 

【スポーツマーケティングについて】
スポーツマーケティングとは
スポーツ業界に強いマーケティング会社10選|比較Biz
日本のスポーツ業界にデジタルマーケティングが必要な五つの理由
スポーツは企業のマーケティング課題をどう解決できるのか

【スポーツマーケティングの事例】
スポーツマーケティングの成功事例から学ぶこと
【国内外事例】スポーツ業界から学ぶマーケティングの勘所
スポーツマーケティングの成功例|SNSをうまく使って規模拡大
【2018年】企業によるスポーツ・スポンサーシップ活用事例&関連記事44選

企画書作成代行サービスの申し込み、お問い合わせはこちからからお願いします

 

【目次】
1. 今回の企画書の特徴
2. 博報堂の企画書実例『平成29年度 新興国市場開拓事業』から学ぶ
2-1. 表紙
2-2. 目次
2-3. 1.事業実施方針
2-5. 2.実施内容
2-6. 2‐1.開催に関する調査
2-14.(2)イベントの経済効果
2-26.(3)国内の過去のイベント
2-26.(4)関連産業にあたえる波及産業の拡がり

 

1. 今回の企画書の特徴

今回の企画書は、国内の広告代理店で電博と称される2大広告代理店の一つ、博報堂です。四季報を参照に同業種の売上と時価総額を比較すると、以下のようになっています。LINEや東宝の方が、博報堂よりも時価総額が高いのは驚きでした。経営効率と成長性が高いのでしょう。

【各種の売上と時価総額】(※単位 百万円)

・電通/1,018,512/1,343,990
・LINE/207,182/903,389
・東宝/242,668/824,944
・博報堂DYHLD/1,335,030/695,060
・サイバーエージェント/419,512/539,841
・メルカリ/35,765/487,902
・カカクコム/46,782/461,330

企画書に関しては、前回のアサツーディ・ケイと同様、コンサルティング企業の企画書とは少しトーンの異なる仕上がりになっています。この資料では、日中韓におけるスポーツビジネスの取り組みに関する重要ポイントを、以下に設定しています。

1. 開催に関する調査(各国の政策や関連データの情報収集・整理)
2. 対話実施
3. 国内べニュー調査及び候補選定
4. 3国共催スポーツイベント詳細企画作成

この企画書の参考になる点は、構成はもちろんですが、過去のスポーツイベントの概要と波及効果と課題データが充実していることです。日本国内でどんなスポーツイベントが開催され、どんな効果があったのか、また問題点は何だったのかというアーカイブとして活用できます。

今回の企画書の提供先は経済産業省ですが、こういった資料がどの部署のどのクラスで共有され、どういった動きのために活用されるのか、想像するのも楽しいと思います。国家の施策の意思決定及びマーケティングにこういった資料がどれほど影響を及ぼすのか、個人的には興味津々です。

 

2. 博報堂の企画書実例『平成29年度 新興国市場開拓事業』から学ぶ

では、実際に博報堂が作成した企画書を見ていきましょう。

2-1. 表紙1/平成29年度 新興国市場開拓事業(【日中韓】スポーツ産業等に関する日中韓連携事業の実現に向けた調査及び政策対話 調査報告書

2-2. 目次

2-3. 1. 事業実施方針

2-4. 全体方針/日中韓3国間における人的交流及び相互理解を促進する3国共催スポーツイベント開催に向けて

【日中韓】スポーツ産業に関する日中韓連携事業の実現に向けた調査及び政策対話|弊社の捉え方

◆日中韓3国間における人的交流及び相互理解を促進する3国共催スポーツイベント開催に向けて

2018年から、平昌、東京、北京と、東アジアでの三大会連続の五輪開催に続く。本調査事業で企画、検討を行う3国共催スポーツでは、この3大会連続開催への機運醸成と、各国間での人的交流・相互理解の促進を最大の目的としながら、急速な高齢化に対しての健康増進意識の啓発、関連産業の需要喚起、地域経済への新規集客などの実現を目指す。

この歴史的なスポーツイベント開催に向けて、イベント自体の在り方や3国間の連携の在り方を含めて効率的な企画・運営のため、以下の四つの事業内容に取り組む。

本事業で取り組む四つの事業内容

(1)開催に関する調査
(2)対話実施
(3)国内べニュー調査及び候補選定
(4)3国共催スポーツイベント詳細企画作成

2-5. 2. 実施内容

(1)開催に関する調査(各国の政策や関連データの情報収集・整理)
(2)対話実施
(3)国内ベニュー調査及び候補選定
(4)3国共催スポーツイベント詳細企画作成

2-6. (1)開催に関する調査(各国の政策や関連データの情報収集・整理)

2-7. 事業の概要/3国間開催に最適なイベント形態の調査・提案と、実施に係る各種規制や手続きに関する調査を実施

◆(1)開催に関する調査:事業内容
◇事業の概要
3国間共催でのスポーツイベント実施に向け、多国間共催で実施されたスポーツイベントなど、過去の事例を参考に、多くの参加者を募ることが出来、経済波及効果を見込めるもの、また、参加者の健康増進に関する意識醸成に有益なイベントを検討する。

【調査・検討内容】(案)
◇スポーツイベントの企画内容に関する調査
・3カ国におけるカテゴリ別スポーツの実施者数
・過去の多国間共催スポーツイベントの経済効果
・健康増進への関連性の高さ
・関連産業に与える経済効果
・国内の過去イベントの概要
・開催べニュー地に求められる要件

◇スポーツイベント実施に向けた調査
・中韓での企画運営におけるコーディネーター候補
・多国間共催における規制/手続きの詳細

◇調査手法
・日中韓におけるカテゴリ別スポーツ実施者数などは、既存の調査結果の使用を想定
・過去のスポーツイベント実施概要から、本イベントの経済効果を試算に活用
・中韓でのパートナーとなるコーディネーター選定に関しては、各種専門機関でのヒアリングをベースに実施

【ヒアリング対象候補】
・日中韓三国協力事務局
・日韓文化協会
・各スポーツの協会/団体

2-8. (1)3カ国のスポーツ参加

2-9. 日本のカテゴリー別スポーツ実施者数

2-10. 日本・ヨーロッパのスポーツ実施率

日本の20歳以上のスポーツ実施頻度は、「週1回以上」が40%と最も高く、スウェーデン・オーストリア・フィンランドに関しては、「週1回以上」が7割とスポーツ実施意識が高い。

2-11. 中国のスポーツ実施者数・実施率

◆中国の総人口・スポーツ実施者数
2007年の中国の総人口は、13億2,100万人。このうち、スポーツ活動に参加の都市および農村の住民合計で6億300万人(※3億4,000 万人、6歳以上の在学生が2億6,300万人)全人口の45.63%の人が何らかのスポーツ活動に参加していた。

一方、スポーツ活動を実施していない人の割合は、7億1,800 万人(ただし、調査対象となっていない 0 歳児から 5 歳児まで約 5549 万人を含む)であり、全人口の54.37%を占めた。

2-12. Ⅱ‐1.出展社募集/募集要項

2-13. Ⅱ‐1.出展社募集/選定委員会

2-14. (2)イベントの経済効果

2-15. 事例検証1 日韓サッカーW杯

◆日韓サッカーW杯
2002年5月31日から6月30日にかけて日本と韓国が共催国となって開催したFIFAワールドカップ。W杯が開幕すると、日本代表が出場しない他国同士の試合でも、強豪国を中心にテレビの視聴率は高く、66%を記録する試合もでてきた。日本各地で「ワールドカップフィーバー」が巻き起こり、一躍国民的な関心事になった。

◆2002 ワールドカップ 日韓 ドキュメント

◆プロジェクトの波及効果と特徴
・2002年日韓サッカーW杯の経済波及効果予測は3,690億円。(第一生命経済研究所平成14年1月9日)※実際経済波及効果は不明
・会場来訪者:約160万人。(国内120万人、海外からから約40万人)
・ワールドカップをスポーツによるまちづくりの視点で見てみると、まちにとっては試合会場となるスタジアムよりキャンプ地を提供した方が、まちへの効果が期待できる。チームの関係者やマスコミ、サポーターなどが訪れ、様々な場面で地域の人々との交流の機会を持つこともできる

◆プロジェクトの課題
・韓国にもキャンプ地は誘致され、チームの招致合戦は加熱した
・外国の有力チームにコネを持っているという「代理人」が、「メキシコ招致に5・6億円」(前橋市)と持ちかけ、「ブラジルに3千万円」(千葉・成田市)と、常識はずれの金銭を要求する例もあった。(読売新聞朝刊2001年5月27日)
・大会1年後のキャンプ地の状況を見ると、『滞在チームの国と交流している』または『交流を検討している』としたのは、回答した18自治体のうち半数の9自治体しかない

2-16. 事例検証2 サイクリングしまなみ

◆サイクリングしまなみ
サイクリングしまなみは、尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道を走るロングライドイベントで、瀬戸内海に浮かぶ島々を結ぶしまなみ海道を走る「サイクリストの聖地」である。1年おきに開催されるイベントの最大の魅力は、“海の上を自転車で走れる”爽快感。サイクリング初心者にも配慮した取り組みを多数行っている。

◆プロジェクトの特徴
・広報宣伝効果を含めた県内への経済効果は5億3156万円
・事業費や参加者らの飲食代、宿泊・交通費などの「直接効果」は1億9853万円
・直接効果によって従業員などの新たな消費が生まれる「間接効果」と合わせた経済波及効果を3億707万円とした
・「広報宣伝効果」を2億2449万円
・2014年10月では7281人の参加者のうち、外国人が500人以上参加。台湾145人、韓国138人、中国75人等、31の国
と地域から参加があった
・2012年5月世界最大の自転車メーカーGIANT社の劉会長を団長とする台湾等の訪問団(自転車関係者やメディア)が瀬戸内しまなみ海道を訪れサイクリング交流イベントが開催。会長がこのコースを「まさにサイクリングパラダイス」と絶賛。このイベント以前に中村愛媛県知事が台湾を訪問し劉会長と面談し、信頼関係を築いた事も功を奏した。もともとサイクリング熱が高い台湾人旅行者をはじめ、 2014年6月のCNNでの特集などもあり、世界各地の旅行者が訪れるようになった

◆プロジェクトの波及効果と課題
・旅行の口コミサイト「トリップアドバイザー」などでも高評価を得ている
・米TV局CNNの世界7大サイクリングロードへの選定や、「サイクリングしまなみ」の開催などによって、”サイクリストの聖地“として知名度が一気に上昇
・外国人観光客がしまなみ海道でのサイクリングを体験し、帰国後しまなみ海道が人気に!しまなみ街道では、訪日外国人が増加している。とりわけ台湾からの観光客が多く台中市訪問団がしまなみ海道のサイクリングを楽しみ、帰国後さらに台湾でのしまなみ海道人気が高まった
・関係県市町の地道な環境整備や地域住民のあたたかなおもてなしにもある。「サイクルオアシス」と呼ばれる休憩所では、小売店やガソリンスタンド、喫茶店、農家民宿などが、空気入れの貸出、給水、トイレの利用、観光マップの提供などを行って、世界各地のサイクリストをおもてなししている

【課題】
外国人が急増するなかで、町の受け入れが課題となっている。アジア圏の観光客の多さから、しまなみ海道周辺の飲食店や観光施設では台湾人を講師による中国語講座や、中国語のメニュー併記、台湾人の考え方や味覚を学ぶセミナーなど、迎える側としておもてなしの向上の動きが高まっている

◆夫婦でサイクリング! 世界のしまなみ海道をロードバイクで走ってきました!

2-17. (3)国内の過去のイベント

2-18. 過去イベントの経済効果

2-19. 事例検証 東京マラソン

◆東京マラソン

かつて東京都心部で行われたマラソン大会は、エリートランナー向けマラソンの「東京国際マラソン」(男子)と「東京国際女子マラソン」、市民ランナー・障害者向け10㎞ロードレースの「東京シティロードレース」の2種があった。それらを一つに統合して「ニューヨークシティマラソン」、「ロンドンマラソン」、「ボストンマラソン」に匹敵する市民参加型大規模シティマラソンとして、東京マラソンが企画された。

◆プロジェクトの特徴
・東京マラソンでは全体の事業費が18億円と高額だが、参加料収入の1億円の他に、協賛金も10億円以上を集め
られている
→東京都からの支出は、約1.5億円に抑えられている大会が定着すれば協賛金などの収入が増える
・女性ランナーの増加で、ウェアなどのマラソンの関連グッズなどの売上効果が期待できる
・女性は観光地へ旅行を兼ねて参加する傾向があり、宿泊による地元への経済効果も大きくなると期待される

◆プロジェクトの波及効果と課題
・応募者数も年々増え、2017年の抽選は12.2倍で過去最高を更新
・首都圏のマラソンでは、協賛金も集まりやすく、自治体負担も抑えられるが地方では高額になりがち
→参加費や協賛金も多額で都や県が主催となっていれば、府・県と市で折半なので自治体負担も抑えられている

【課題】
・首都圏の人気のあるマラソン大会では、申込みからわずか数時間で5千人~1万人の参加定員が締め切られてしまうため、大会に出たくても出られない『マラソン難民』を生んでいる
・ランナーの大半は、日帰り可能な大会を選ぶ傾向にあり、宿泊の壁は以外に高く、予想していたほど経済効果は上がっていない大会も多い
・マラソンは長時間交通機関が止められるため、継続的に開催するには地域住民の理解や応援がかかせないが、地元住民にとって長時間の交通止めは不便

◆東京マラソン2019 ダイジェスト Tokyo Marathon 2019 Digest

2-20. 事例検証 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

◆佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
1984年から毎年10月下旬から11月上旬にアジア最大級のバルーン(熱気球)大会、「佐賀ナショナルバルーンフェスタ」が開催されている。国内外18カ国の地域から111機が参加する。5日間の間に期間中、2017年は延べ約80万人の来場を見込んでいる。

◆プロジェクトの特徴
・経済効果は、69億400万円(2014年)
・2016年、来場者数は80万人超え
・2016年には国内初の常設型博物館「佐賀バルーンミュージアム」もオープンするなど、バルーンを生かした街づくりが進んでいる
→『バルーンのまち・佐賀』をアピールする
・5日間の間に様々なバルーンイベントが開催されており、キッズデーや、キャラクターバルーン。暗闇の中、河川敷一面に広がったバルーンがバンドの生演奏に合わせ、ライトアップされ、夜間係留の最後、一斉点火と共に嘉瀬川河川敷に花火が上がるイベントなど、連日盛り上がりをみせている
・大会支えるボランティア、地元農家の協力も→熱気球の離着陸地が田畑の場合もあり、農家の了承なくして大会は開けないが、農家の人の協力や、ボランティアも毎年増えている

◆プロジェクトの課題と対策
・期間のJR佐賀駅前など、市内中心地への観光客の誘致が課題となっている
→市は現在、商工会や市民団体が一体となって、市内中心地でイベントを展開している
約180万個のLED電球で街を彩る「サガ・ライトファンタジー」は、今年で28回目。このほか、骨董市や飲食店を巡る「街なかバル」なども開催されている
・バルーン会場と市内中心地を巡回するシャトルバスを運行。市街地だけでなく、市内南部の観光地への誘客さらに、世界遺産の三重津海軍所跡などへのバスの運行もめざす

◆【圧巻一斉離陸】2018年佐賀インターナショナルバルーンフェスタ5日目

2-21. 事例検証 全日本宮古島 トライアスロン大会

◆全日本宮古島 トライアスロン大会
宮古島は沖縄半島から南西300㎞に位置する島で、風光明媚な石垣島と違い、平坦な地形の農業主体の島で、観光面で立ち遅れていた1984年、ハワイのアイアンマンレースの成功事例をもとに、1985年4月に沖縄県宮古島で第1回全日本宮古島トライアスロン大会が開催された。開催から30年以上の歴史がある大会である。

◆プロジェクトの特徴
・経済効果は、3億2600万円(来場者は選手、マスコミ、ボランティア等で7000名弱)
・宮古島大会の成功からプロ野球のキャンプ誘致に成功し、その影響で大学や実業団等のスポーツ合宿が毎年10月から3月末まで開催されるようになった。
・1985年開催の第1回大会では241名。第9回では国内最大級の1000名越え。申込者が3500名と増え、ロングコースだけでなくショートコースを設けて参加者を増加させている
・『トライアスロンの島』等のイメージ効果
・本土と比較して自然的にも社会的にも厳しい条件の中で人口の減少と高齢化が進む離島に、地域住民が宮古島に誇りと自信を持つようになる大会関係者が地域住民に大会への関心を持ってもらおうという姿勢は、住民へ伝わり、地元への愛着が強くなっている

◆プロジェクトの波及効果と課題
・開催場所が都市部から離れた場所で、自然豊かな場所で行われることが多く交通規制をかける必要が少ない
・将来観光、リピーターのため、宮古島は環境施策と観光をリンクさせる事で成功し、ホテル不足を民泊が最良の形で、効果を発揮している。(宮古島市長)
→『子どもたちが体験学習で得たものは、必ず思い出として残り、将来の宮古島観光のリピーターとなる』とし、宮古島観光が目指す姿は『民泊』のような形態にあるとしている
・スイム、バイク、ランを競う競技であるため、一般の人にはハードルが高い競技
・宿泊を伴った競技で経済効果は見込まれるが、トライアスロン人口は未知数

◆宮古島トライアスロンPV!映画にもなったバイクコース【宮古島観光】MIYAKOJIMA triathlon

◆全日本トライアスロン宮古島大会

2-22. 事例検証 丘のまち美瑛センチュリーライド

◆丘のまち美瑛センチュリーライド
健康とエコロジーへの関心の高まりを受けて、昨今注目されているサイクルスポーツ。美瑛町という土地でしかなしえない連続する波状丘陵と光り輝く美しい田園風景は、山岳地帯や平坦コースとは全く違う「適度なアップダウン」の繰り返しと丘を越えるたびに眼に飛び込む「変化に富んだランドスケープ」を兼ね備えた創造性にあふれるコースで、自然景観を存分に堪能できるイベントとなっている。

◆プロジェクトの特徴
・サイクルツーリズムは、自転車による移動を主な観光目的とし、地形や景色・自然などを楽しむ観光を指す
・開催日前日や開催日の夜に「前夜祭」や「交歓会」と呼ばれる飲食イベントが開催され、 両イベントとも100名を超える参加があった
・コース誘導やエイドステーション等のスタッフや町民の親切や暖かい対応、応援等の地元の歓迎を評価する声が
15.0%と多かった
・都会では味わうことが出来ない、ロングライド
・走りやすさと、自然景観を楽しみながら、食事や温泉などをの魅力を望む声が高い
・サイクリング旅行経験者が少ないが、サイクリング旅行を望む声は6割以上と高くなっている

◆プロジェクトの波及効果と課題
・移動距離が広く、地域の魅力をアピールできるため、長期的にみてもリピーターに期待できる
・サイクリングは、長時間の交通規制がなく、地元住民にも受け入れやすい

【課題】
・事前資料や当日配布される資料に美瑛や近郊の観光情報が記載されていないなど、観光への誘致に乏しい。→観光情報の不足
・当日のイベントでの出店が少なく、地域の食や工芸品などのPRが少ない。
→周辺観光地へのPRやイベントでの出店で、さらなる経済効果が見込まれる。

◆美瑛の丘「パッチワークの路」、絶景の中を走ってみた @北海道美瑛町 Hills in Biei Hokkaido

2-23. 事例検証 ツール・ド・おきなわ

◆ツール・ド・おきなわ
日本国内最大級のサイクルイベントのひとつで、1989年に初めて開催され、2018年は30回目の記念大会となる予定。レース部門は市民レーサーの頂点を決める大会として知られ、サイクリング部門も50㎞から島を一周(343㎞)するものまで用意されている。

◆プロジェクトの特徴
・経済波及効果は5.5億円(2015年)
・参加者は4741人、そのうち外国人394人
・毎年11月第2土曜から日曜に沖縄県名護市を中心に、沖縄本島北部地域で2日間にわたり開催
・ツール・ド・おきなわは、競技メニューが非常に豊富である。競技者が参加するチャンピオンレースから、実力
ある市民自転車愛好家(以降ホビーレーサーと記す)向けの長距離レース、観光要素の高いサイクリングまで幅広いのが特徴
→参加者自身の競技レベルに合わせて選択できる
・個性的で多様な魅力を持った沖縄県北部地域内の12市町村が、行政の壁を越えて広域的に連携し、地域の人々が積極的に協力し一体となって進めていくことで成長

◆プロジェクトの波及効果と課題
・地元の子供達と海外招待選手との交流会も恒例となり継続していくことで、将来を担う児童生徒の国際感覚が育まれる絶好の機会である
・サイクリング部門において、ロングライド系を中心に体験サイクリングやファミリーサイクリングも参加者増加の傾向にあるのは明らかで、今後の地域の観光振興にも繋がるものだと予想される
・毎年行ってきた台湾からの「ツール・ド・おきなわ」への参加者との交流会を継続し、今後においても大会への参加を促すとともに韓国や中国などの参加者も増える傾向にあることから、アジア地域を中心に世界に注目されてきている大会であると思われる
・さらに、社会福祉活動を目的としたバリアフリーサイクリングを実施することにより、障害者に対しサイクルスポーツへの参加を促すことができたとともに、今後さらに発展、普及が見込まれる

◆【チームカーから見たレース】ツール・ド・おきなわ2018 シマノレーシング

2-24. 事例検証 ツール・ド・東北

◆ツール・ド・東北
宮城県三陸沿岸を舞台に、2013年から行われている復興支援サイクリングイベント。東北復興支援、および震災の記憶を未来に残すことを目的に始まった。

◆プロジェクトの特徴
・経済波及効果は8.6億円(2015年)
・2015年大会の事業収支は、収入が約1億3044万円、支出が約1億2179万円
→収益の約865万円のうち、600万円を次回大会への事業繰越金とし、残りの約265万円が「ツール・ド・東北基金」への寄付に充てられる
・参加人数は3,764人
・大会公式グッズ販売による収益や、寄付を前提に抽選なしで出走枠を得られる「チャリティーライダープログラム」、チャリティーオークションなどの寄付充当分を合わせると、同基金への寄付は総額1013万6880円にのぼる。
これらは基金を通じて、自転車を活用した東北地方の観光振興やサイクリングロード整備助成など、東日本大震災の被災地域復興支援活動に充てられる

◆プロジェクトの波及効果
・主催者の河北新報社とヤフーは15年から被災地の交流人口の拡大を視野に、自治体と連携して「サイクルツーリズムの推進」も目標に掲げた
・地元の協力のもと各エイドステーションでは地元グルメがふるまわれ、女川ASではさんまのつみれを入れた「女川汁」が、雄勝ASではホタテ焼きが4000枚ほどふるまわれた。参加者は地元グルメや民泊を楽しみにする人など地元のおもてなしのとりことなり、出走者数の増加や、大会運営費の増大などが要因となっている

【課題】
・サイクルツーリズムを推進するためには、さまざまなインフラ整備や公共交通機関との連携が不可欠になっている
→11月2日に仙台市内で開かれるツール・ド・東北5周年記念「国際サイクリングフォーラム」を前に、自転車文化が花開く米国ポートランドを訪ねるなど研究を続けている

◆ロードバイクで行く、震災復興ライド 「ツール・ド・東北 」に参加してきました!

2-25. 事例検証ツール・ド・ちば/バイシクルライド2017イン東京

◆ツール・ド・ちば
東日本大震災復興支援のために、2012年からスタートした大会。3日間で千葉県を一周するコースから一部を走行するコースまで、千葉の自然を満喫できるコース設定のロングライドイベント。

・毎年10月の連休に開催。参加人数は5000人
・自らの体力と気力で走ることを目的とし、スピードを競わず、交通法規と大会規定を守り、完走した人を賞する大会
・異なる表情を持つ3つの海を各日のスタート会場とし、外房から内房と海にかこまれた千葉の海を3日間かけて一周するステージ。2017年は、宿泊地が全て異なり、ちばの豊かな海とそれらを結ぶ自然豊かな千葉を堪能できる
・一般社団法人自転車協会が、2012年にスタートした東日本復興サイクリング大会「CYCLE AID JAPAN」(東日本大震災被災地の早期復興を目的に参加料の一部を被災地に寄付)の趣旨に賛同し、参加料の一部(走行距離1km=10円で換算、1人あたり最大1,000円)を被災地(福島県)に寄付(2016年実績:110万1千円)している。

◆バイシクルライド 2017 イン 東京
歴史ある世界有数の都市・東京の街を自転車で走るイベント。子供から年輩の方まで、どなたでも、どんな自転車でも参加でき、普段は気づかない東京の魅力、自転車の魅力にふれることができるチャリティ・ライド。

・2017年は4月16日(日)開催
・参加人数は2,000人
・参加費の50%は、難病の子供たちの夢をかなえる基金MAWJ(メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン)に寄付される
→参加料は大人=6,000円、中学生以下=1,000円で、集まった参加料の半分を寄付
・2017年のコースは、2020年東京五輪の大動脈となる環状二号線自転車道路から、豊洲のバイクレーン、隅田川をめぐる28km。新緑が美しい日曜日の朝、車の少ない東京の街を、のんびりとサイクリングできる

◆【自転車】ツールド千葉 前編【ゆっくり】

2-26. (4)関連産業にあたえる波及産業の拡がり

2-27. 関連産業にあたえる波及産業の拡がり

2-28. 東京マラソンEXPO

2-29. さいたまサイクル EXPO

2-30. (2)対話実施

2-31. 開催に向けた課題の抽出、具体的対策の作成など、事務レベルでの対話を様々なプレーヤーと行った

2-32. 実現に向けてのスキーム

 

※参考サイト
2020年を契機とした国内スポーツ産業の発展可能性…‐日本政策投資銀行
スポーツ産業ってなに?【伝統的3領域】とは?|ゼロからのスポーツビジネス入門
eスポーツとはどんなスポーツ?話題のオリンピック新種目「eスポーツ」を丸裸!
一般社団法人日本eスポーツ連合オフィシャルサイト
世界の「eスポーツ」ゲームいくつ言えるかな?いま熱い競技シーンから、eスポーツの条件を考えてみる
eスポーツタイムズ|esports総合ニュースサイト

アマゾンサーチウィジェット

NYタイムズベストセラー!

シリコンバレーの師と言われた男

2020年上半期ベストセラー第1位

家電&カメラ アマゾン売れ筋1位

スマートウォッチ アマゾン売れ筋1位

ホーム&キッチン アマゾン売れ筋1位

PCソフト アマゾン売れ筋1位

服&ファッション アマゾン売れ筋1位

ビューティ アマゾン売れ筋1位

シューズ&バッグ アマゾン売れ筋1位