外資コンサル企画書ローランドベルガー① 『知的財産権侵害対策強化事業』企画書から学ぶ

外資系コンサルティング企業の企画書特集第4弾は、ドイツのミュンヘンを本拠とするローランド・ベルガーです。1967年に現会長のローランド・ベルガーが設立したヨーロッパで最大の経営戦略コンサルティング会社であり、世界34か国に50のオフィスがあり、2400人のコンサルタントが働いています。

創業者のローランドベルガーはドイツのシュレーダー首相時代はアドバイザリーを務め、それ以外にも世界1位のMBAプログラムといわれているフランスのビジネススクールINSEAD(インシアード)、ソニー、フィアット、ドイツ銀行等のアドバイザリーボードも勤めています。

 

【目次】
1. ローランドベルガーに見る外資コンサルの特徴
1-1. 結果と実効性を伴う創造的な戦略策定
1-2. クライアントの業界とプロジェクトテーマ
2. 『知的財産権侵害対策強化事業』企画書から学ぶ
2-1. 表紙/平成25年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業最終報告書
2-2. 本プロジェクトの背景と目的
2-3. 本事業は、下記5つのモジュールで推進
2-4. サマリー(1/5)ウェブサイト上の知的財産権侵害の実態調査
2-5. サマリー(2/5)知的財産権侵害の防止に資する取組・契約形態の調査 
2-6. サマリー(4/5)戦略的な知的財産権侵害対策についての検討
2-7. サマリー(5/5)知的財産権侵害対策のための国内外データベース調査及び構築
2-8. Contents
2-9. オンライン海賊版サイトは5つのタイプが存在
2-10.現状判明している海賊版コンテンツが掲載されているサイトは、下記の通り
2-11.横行するオンライン海賊版は、豊富なコンテンツを、早くしかも無料で見られるものが多く、正規版の海外展開を阻害している
2-12.対象ユーザーは、「業界一丸となった侵害対策」・「正規版コンテンツへの誘導」両輪での実施に向け、侵害規模の大きさと正規版流通の整備状況で評価
2-13.侵害規模の大きさでは、日米に次ぎ、英、中、仏、韓(言語圏)が大きい

 

1. ローランドベルガーに見る外資コンサルの特徴

1-1. 結果と実効性を伴う創造的な戦略策定
ローランド・ベルガーのコーポレートビジョンは、『結果と実効性を伴う創造的な戦略策定』です。戦略立案だけでなく、現場力と実行力を武器としており、“現場を動かす強いリーダーシップ”を強みとしています。会社のブランドに頼るのではなく、コンサルタント個人の力量をブランドとして機能させ、価値として提供しています。

1-2. クライアントの業界とプロジェクトテーマ
ローランド・ベルガーのクライアントの業界は、以下のような分野があります。

・自動車
・消費財
・流通
・化学
・機械
・金融
・情報通信

プロジェクトのテーマには、以下のようなものがあります。

・全社戦略
・企業再生
・ブランド・マーケティング戦略
・BRICs・新興国戦略
・営業改革
・新規事業戦略

 

2. 『知的財産権侵害対策強化事業』企画書から学ぶ

では、実際にローランド・ベルガーが作成した企画書を見ていきましょう。今回は、平成25年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(コンテンツ海賊版対策調査)の企画書です。

2-1. 平成25年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業

2-2. 本プロジェクトの背景と目的

2-3. 本事業は、下記5つのモジュールで推進

2-4. サマリー(1/5)ウェブサイト上の知的財産権侵害の実態調査

2-5. サマリー(2/5)知的財産権侵害の防止に資する取組・契約形態の調査

2-6. サマリー(4/5)戦略的な知的財産権侵害対策についての検討

2-7. サマリー(5/5)知的財産権侵害対策のための国内外データベース調査及び構築

2-8. Contents

2-9. オンライン海賊版サイトは5つのタイプが存在

2-10. 現状判明している海賊版コンテンツが掲載されているサイトは、下記の通り

2-11. 横行するオンライン海賊版は、豊富なコンテンツを、早くしかも無料で見られるものが多く、正規版の海外展開を阻害している

2-12. 対象ユーザーは、「業界一丸となった侵害対策」・「正規版コンテンツへの誘導」両輪での実施に向け、侵害規模の大きさと正規版流通の整備状況で評価

2-13. 侵害規模の大きさでは、日米に次ぎ、英、中、仏、韓(言語圏)が大きい

関連記事

  1. シンクタンク企画書三菱総合研究所① 『4K・8Kロードマップ…

  2. 外資コンサル企画書マッキンゼー② 『諸外国における介護人材確…

  3. コカ・コーラ販促案

  4. 外資コンサル企画書ボスコン① 『新事業創出』企画書から学ぶ

  5. 外資コンサル企画書デロイトトーマツ① 『我が国のイノベーショ…

  6. 外資コンサル企画書アーサー.D.リトル① 『重要技術分野に関…

おすすめ記事一覧