企画書とは

企画書とは、相手に自分のアイディアや企画をわかりすく伝え、行動を促すための文書のことです。

企画書は、主にテキスト文書とビジュアルで構成されます。

特にビジュアルにおいては、売上推移を示す棒グラフや自社のマーケットシェアなど示す円グラフに代表されるように、図版を活用することで相手にわかりやすく伝えることができます。

一般的には、営業企画書や商品企画書、販促企画書、事業企画書、採用企画書など、それぞれの用途に合わせた企画書の種類があります。

使用用途としては、大きく社外用と社内用に大別されます。

社外用は、訪問先における営業活動や大会場における自社サービスの発表プレゼンテーション、決算説明会の発表などがあります。

社内用としては、各種MTGの進行用の資料としての活用や、新サービスを立ち上げるための社内説得用の資料等の使い方があります。

昨今のビジネスシーンにおいて、プレゼンテーションの重要性が増すにつれて、企画書の必要性も増しています。

最近ではCM等で話題になった商品の企画書や、広告代理店が作成したプロの企画書がインターネット上で開示かれている例もあり、効果が出る企画書に対しての関心が高まっています。

またインターネットを経由してダウンロードできる企画書のテンプレートの種類も増えてきており、企画書を活用する環境は向上しています。

ただ一番重要なことは提案する相手に対して価値を提供することであり、そのためには事前ヒアリングや独創的な発想、コストパフォーマンスといった視点も欠かせません。

関連記事

  1. 企画書デザインどうする?

  2. さまざまなシーンで使われる企画書

  3. 重要性増す企画書作成

  4. 企画書デザインの法則3 表紙のおしゃれさとインパクトを両立さ…

  5. 外資コンサル企画書アクセンチュア③『平成30年度 省エネルギ…

  6. 企画書デザインの法則1 提出相手に合わせて変えるべきトーン&…

おすすめ記事一覧